誌面が動くAR動画!COCOAR2を体験。

先日母校より広報誌が届きました。何気なく読んでいると「動画はこちら」の文字が。
一瞬、ん?となりよく読むと、写真にスマホをかざすと動画が再生されるとのこと。
早速指定のアプリ(COCOAR2)をダウンロードし、写真にかざすと本当に動きました!

誌面なのに動画再生

本当にまずびっくりしたのが、誌面なのに動画が再生できるということです。

こういったものは増えているのかもしれませんが私は初めての体験でした。(COCOAR2のサイトを見るとすでに1339社の導入実績があるようで今後も増えると思います)
動画はweb上でしか見ることができないと考えていましたが、webと紙の融合もできるんだなと感心しました。

COCOAR2って何?

AR動画を再生するには、今回はCOCOAR2というアプリをダウンロードしました。

このCOCOAR2ってどういったアプリなんでしょうか。

簡単にARコンテンツを制作できるサービス

「COCOAR」は低価格で自社オリジナルのARコンテンツを簡単に制作できるサービスです。
スマートデバイスアプリ『COCOAR(ココアル)』を起動し、アプリ経由で紙媒体をスキャンすることにより、任意の電子ブックやWEBサイト、動画などをスマートフォン上に起動させることが可能となります。
既定の容量内であれば無制限にARコンテンツを制作することができます。
(COCOAR2より https://www.coco-ar.jp/)

活用方法

実際には紙ベース+動画で、文字や写真だけでは伝わりにくいことを動画もプラスすることにより、音声とともに伝えることができるため、訴求力が飛躍的にアップするのではないでしょうか。

実際に私も何気なく見ていた広報誌が、このAR動画により印象つきましたし、動画の方が伝わりやすいことも多くあると思います。(私がみたAR動画は、指パッチンでギネス世界記録認定を受けた在学生の指パッチン動画でした。)

上の写真が誌面に印刷されているもので、下の写真がアプリを使って再生した動画をスクリーンショットしたものです。指パッチンの回数が表示されています)

今後増えるかも

我が家にも日々多くのDMが届きますが、そこにこのAR動画を仕込むことにより見てもらえる率が向上すると思います。(そもそも、わざわざアプリを立ち上げてAR動画を再生しようという気にさせる内容でなければいけませんが)

企業の会社案内やイベント情報、DM、商品カタログ等、まだまだ紙ベースの広告も多くありますが、その紙ベースの広告に動画がプラスされることでその広告自体の価値も上がるのではないでしょうか。

まとめ

COCOAR2にようなサービスの登場により広告のあり方も少し変化がみられるかもしれません。
私も自分が作っているセルフマガジンにも使ってみたくなりました。


【編集後記】

久々にスーツを新調しました。背が高く既製服で体型にあうものが少ないのですが、今回はジャストフィットなものがありました。
しばらくはここのスーツを買うことになりそうです。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください