サービス内容

・税理士である巳波が担当します。そのため資格のない職員が対応することはありません。
・会計や税務の留意事項などについてもお話しさせていただきます。
・数字から見える会社の強みや弱み、今後の経営に生かせる分析を行い、数字から見える経営アドバイスを実施します。
・資金繰りや融資に関するご相談も対応します。
・偉そうな態度はとりません。
・定期的に打ち合わせをさせていただきます。

対象者

・公認会計士、税理士本人に担当してほしい方
・現在、税理士と契約していないため不安な方
・申告だけでなく、資金繰りや節税などのアドバイスがほしい方
・数値の分析等を行った結果、経営に役立つようなアドバイスが欲しい方
・自分で会計処理をしているが、合っているか不安な方
・やり取りをメールやSNSでもしたい方
・現在の税理士が会社のことを理解しておらず、また数字を扱っているにも関わらずアドバイスや気づき事項等の助言が無い方
・現在の税理が高齢で不安、話が合わない方

効果

・公認会計士・税理士が担当することにより会計関係、税務関係の不安がなくなります。
・決算見込みを行うことで、納税額の予測ができます。
・資金繰りの状況を把握できるようになります。
・数字から見える会社の課題等がわかります。
・定期的に公認会計士・税理士との打ち合わせができます。

月額顧問料・決算料

※現在(2019年12月改訂)の顧問料は次のとおりです。
※消費税(10%)込みの金額です。

打ち合わせ回数 月額顧問料 決算・税務申告
記帳なし 記帳あり
毎月 38,500円 49,500円 165,000円
年4回 27,500円 38,500円
年2回 22,000円 33,000円
年1回 16,500円 27,500円

※決算・税務申告を承る場合、年間お支払い額は、月額顧問料×12+決算・税務申告料×1となります。
(毎月お打ち合わせ(記帳あり)の場合、129,600円×12+324,000=759,000円
※上記金額は売上高が30百万円未満の法人様が対象となります。30百万円を超える法人様につきましては、売上高が30百万円~50百万円まで+5,500円/月、50百万円~100百万円まで+10,000円/月、以降100100百万円ごとに+5,000円/月が上表の金額に追加させていただいています。
※弊事務所はfreee(会計ソフト)の使用を推奨しています。

上記の月額顧問料、決算・税務申告料とは別途ご請求させていただくのは以下の場合です。

内容 金額
年末調整(源泉徴収票作成、給与支払い報告書) 5,500円×人数
法定調書 16,500円
償却資産税 33,000円
税務調査立会 55,000円/日
所得税確定申告
(給与、年金のみ。不動産、事業等があれば別途)
33,000円
相続税申告 別途お見積り

 

顧問料の考え方

経理担当者を一名雇用するとなると、月額20万円以上かかる場合があります。また雇用した方が会計処理に詳しいとは限らず、また税務申告までできる人材となると30万円以上となる場合もあります。
また雇用のための採用コストや社会保険料の負担も別途発生します。

私は公認会計士・税理士として、様々な業種の会社の担当をさせていただいています。他社ではどうしているか、異なる業種ではどのように考えているのか、そういった情報を得られることも顧問契約を結ぶメリットではないでしょうか。様々な情報がネットで得られる時代となりましたが、生の情報や表に出にくい情報は人と人とのつながりで得られることが多いのではないでしょうか。

ご契約期間において、経理や財務、また経営に関するあらゆる相談ができる社外の参謀(右腕)として考えていただければ幸いです。