amazon fire TVstickでテレビでamazonビデオ。amazon Music、YouTube、Huluもこれ一台で簡単視聴。

我が家は1年半ほど前からGoogleのchromecastでテレビでYouTubeやHuluを見ていました。

ただ、アマゾンプライム会員になったことをきっかけにamazonビデオを見るようになり、Huluは解約。chromecastではamazonビデオは見ることができないため、Hulu解約後はめっきり活躍の機会が減っていました。しかし、amazonビデオを見る際は、iPadかPCでみる必要があり、子供たちが見たいといったその時に家のPCを立ち上げ、ページを開き、みたいものを選んで…とするのが面倒で、ついついiPadで見せてしまっていました。
うちのiPadはiPadミニ。iPhoneに比べると大きいもののやはり画面が小さく、目が悪くなるのではないかと心配になり、つい昨日amazon fire TVstickを購入し、さっそく設定しました。

設定は極めて簡単

chromecastもそうですが、fire TVstickも設定はすごく簡単です。

stickをテレビに接続し、Wifiの接続設定→インストールするアプリを選択(amazon Music、YouTubeなどお好みに合わせて)、購入の際にpinコードを入力するように設定するかしないかの選択(私はpinコードを入力する設定にしました。子供が勝手に購入しないように。)です。

接続に成功すると画面にメニューが表示され、利用したいサービスをテレビ内で選んでいきます。

chromecastとの違い

使用感

chromecastはiPhoneやiPadで表示されているYouTube、Huluをテレビに飛ばすイメージでした。(私の使用する限り)

一方fire TV stickはリモコン操作によりテレビ画面内でamazonビデオ、Musicを検索し視聴できます。(Huluは解約中のため試せていません)
そのため、fire TV stickの方が直接テレビ画面内で操作できるため手間は少ないです。

またYouTube、Huluはどちらでも視聴できますが、amazonビデオはfire TVstickでしか視聴できません(アマゾンのサービスなので当然といえば当然なのですが)

価格

amazon fire TV stickは4,980円。
chromecastも4,980円で同じ。
(購入先によってはもう少しやすく購入できる可能性はあります)

まとめ

私はamazonビデオをTVでみるため、fire TV stickに切り替えました。これはら現在解約中のHuluを再度契約した際も視聴できるため問題ありません。
使わなくなったchromecastは初期化して売却予定です。


【編集後記】

昨日は秋雨前線の影響による長雨と台風の影響により近くを流れる大和川が氾濫。
幸い私の家は高台にあるため直接的な被害はありませんでしたが、鉄道は始発から運転見合わせ。本日朝から打ち合わせがあったため、どうにかして大阪方面に行く方法を模索していたところ、自宅から車で40分程度の駅からならいけることが判明し車で向かうも、同じように考える人が多く、大渋滞。普段なら数分で行ける距離もなかなか着かず、このまま渋滞を待っても駅に到着するのが何時になるかわからず、さらに駐車場が空いているかも不明であるため駅に向かうことは諦めいったん帰宅。電車が動き次第向かうことにしたものの、まだまだ動かず。そのため一緒に仕事をしているメンバーにお願いをしていってもらうことに。

自然災害とはいえ大事な打ち合わせに参加できず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください